コリィ・テイラー ソロ公演でカヴァー曲を披露


Corey Taylor and the Junk Beer Kidnap Band by Karri
Photo by Karri

スリップノット、ストーン・サワーのコリィ・テイラーが、11月17日にハワイのホノルルThe Republikで行われたソロ・アコースティック公演で自分のバンドの曲を含む22曲を演奏しました。そのうち12曲がカヴァー曲で、ピンク・フロイドやボン・ジョヴィ、イーグルス、ポリスなどでした。

下は観客が撮影した動画で、ポリス、エルヴィス・プレスリー、ライヴのカヴァー曲ですが、アコースティックの雰囲気がよく伝わってきています。

キング・オブ・ペイン(ポリス)


Corey Taylor in Hawaii King of Pain cover

バーニング・ラヴ(エルヴィス・プレスリー)


Corey Taylor in Hawaii Burning Love cover

下のセットリストには、デニス・リンデとありましたが、バーニング・ラヴはアーサー・アレクサンダーが1972年に発表した曲で、同年にエルヴィス・プレスリーがカヴァーでヒットさせて、同年10月21日付けビルボードチャートの2位になりました。

ライトニング・クラッシェズ(ライヴ)


Corey Taylor in Hawaii Lightning Crashes

この曲のオリジナルはライヴ(Live)というバンドで、コンサートなどを表すライヴという単語と混同しがちになるバンド名。この曲は1994年に発売された2ndアルバムのスローイング・コッパーから。

動画自体は観客席から撮影したものなので、観客同士の話し声など演奏以外の音が入っていますが、それも雰囲気が伝わる要素ですね。コンサートもリラックスした雰囲気で楽しそうです。コリィのカヴァーは良いですね。

setlist.fmによると、ホノルル公演のセットリストは下のとおり。

ホノルル公演 セットリスト

The Republik, Honolulu, HI, USA

  1. Nutshell(Alice in Chains)
  2. Bother(Stone Sour)
  3. 30/30-150(Stone Sour)
  4. Snuff(Slipknot)
  5. Taciturn(Stone Sour)
  6. Spit It Out(Slipknot)
  7. The Travelers, Pt. 1(Stone Sour)
  8. Tired(Stone Sour)
  9. Through Glass(Stone Sour)
  10. Burning Love(Dennis Linde)
  11. Zzyzx Rd.(Stone Sour)
  12. Breathe(Pink Floyd)
  13. Have a Cigar(Pink Floyd)
  14. King of Pain(The Police)
  15. Lightning Crashes(Live)
  16. With or Without You(U2)
  17. Lovesong(The Cure)
  18. Take It Easy(The Eagles)

アンコール

  1. Wanted Dead or Alive(Bon Jovi)
  2. Wicked Game(Chris Isaak)
  3. Unknown(Ramones)
  4. X-Mas